カテゴリー別アーカイブ: 洋画

ベイマックス

騙されちゃいけないよ
心温まるかもしれないけど、それ以上にヒーロー映画だった(笑)

頭良過ぎて何事も真剣になれないヒロ
でも、そこはやっぱり14歳の少年
兄のタダシに上手くのせられて、タダシが通う工科大学をお受験しちゃったり
全てが上手くいってるかと思ってたら、事故でタダシが亡くなってしまい落ち込むヒロ
こっから宣伝のようにタダシが作っていたケア・ロボット「ベイマックス」との、ほのぼの感動物語かと思ったら、おいおい、そうきましたかってね
全く予想外の展開にビックリしつつも、物語に退屈する事もなく、どんどん引き込まれていきましたよ

原題の「Big Hero 6」これが全てだし、最後にスタン・リー出てくるなんて、ねぇ

どうでもいいけど、どうしてもタダシがピエール瀧さんに見えてしょうがないのですよ。。。www

◎観た日:2014年12月29日

画像:ベイマックスのイメージ


ホビット「決戦のゆくえ」

やっと終わったって感じ
前2作とにかく長い、長い
今回も長い 途中スローモーションになるシーンの意味が分からん
それでも、前よりは戦闘シーンが続くんでまだいいのかなぁ。。。

性格的にいっちゃったドワーフのトーリンが良い奴に戻るのはいいね
思うとこは色々あるだろうけど、ドワーフ、エルフ、人間(+ビルボと灰色のガンダルフか)が一緒くたになってドンパチドンパチ
レゴラスなんて無敵か!って感じ
だのに、一番強いんじゃないの?と思われたのは、森の奥方ガラドリエルと茶のラダガスト。。。(笑)

ビルボも一生懸命頑張ってた うん
でもなー最後のシーンがねー。。。
どうしても純粋に良い人と思えない印象を受けてしまった
まぁ、でも、それがないと指輪物語に繋がらないしねぇ。。。

◎観た日:2014年12月15日

画像:ホビット決戦のゆくえイメージ


インターステラー

五次元だか四次元ポケットだかよーわかりませんが、満足はした
地球が無くなる前に人類が住める惑星を探しに行くなんて、どんだけ責任重いんすか!
しかも一か八かの博打的要素
厳しい環境の中、考えが傾いた人もいれば、人と分かりあえるロボットなんかもいたりして
最終的には親子愛や恋人との愛、繋がってる物との愛ですよ

ロボットの「TARS」と「CASE」が可愛いったら(笑)
ごろんごろんするし、てくてくするし、人も助けるし
なんて良いやつ

地球以外の惑星ではたった数分が、宇宙船に戻ったとたん何十年も経っている事があるって、頭ではなんとなく理解してても改めて映像で見せられると「ドキっ」とする
そんな時間の中を一人きりで生きるって、どんだけなんだろう。。。

なんでこんな事考えつくのか不思議だ。。。

◎観た日:2014年11月24日

画像:インターステラーのイメージ